基本的にセックスに飽きると終わってしまうので

恋人関係であれば、セックスの部分に問題が生じたとしても、他で補うことができます。
ちょっとエッチの方でマンネリを感じたとしても、普段のデートをより充実させたり、旅行をするなどして関係を持続させることは可能なわけです。
しかしセフレの場合は、セックスに問題があると関係を続けることは困難になるのです。
完全な肉体関係と割り切っているわけですから、エッチに飽きてしまったりマンネリ感を抱いてしまうと、セフレ関係も終わってしまうわけです。
ですから、もし今のセフレと少しでも長く付き合いたいと思っているのであれば、どういったセックスをするのか、どのような工夫をすればいいのか、そういったことを考える必要があるのです。
同じようなエッチばかりを続けていると、当然ですがそのうち飽きてしまうでしょうから、そうならないよう努めていかないといけません。
相手の希望も聞きながら、メリハリのあるセックスを心がけるようにしましょう。

セフレの人数にルールや決まりはない

恋人を作る場合、相手は1人でないといけないルールがあります。
たとえ好きな人が複数人いたとしても、1人しか選ぶことができないわけです。
しかしセフレの場合は、人数にルールや決まりはないので、2人と付き合っても構わないのです。
もっと言えば、3人や5人でもいいですし、あるいはそれ以上の人数でも問題はないのです。
自分が付き合える範囲であれば、何人と付き合ってもそれは本人の自由なのです。
もちろん、実際は仕事やお互いの都合のこともあるので、そこまでたくさんのセフレと付き合うのは難しいでしょう。
それでも、2人か3人ぐらい作っておけば、それぞれ違うセックスを楽しむことができますし、マンネリの防止にもなるのです。
何より、もし誰かと別れてしまったとしても、セックスが途切れてしまうこともないわけですから、それも複数人と付き合う大きなメリットだと言えます。
残りのセフレと付き合っている間に、また新たに探せばいいわけですから。